09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

DJMAX CE紹介

2010年06月15日
正式タイトルは「DJMAX PORTABLE Clazziquai Edition」です。
DJMAXポータブル2の次の新作です。
(間にDJMAXポータブルフィーバーというソフトが出ていますが、こちらは1&2の曲がセットになっただけのソフトですので新作には数えません。しかも一部曲削除されてるしorz)


ソフトはこんな感じです。
(パッケージの人はアーティストの「Clazziquai」です。


ce.jpg




韓国のアーティスト「CLAZZIQUAI PROJECT」をフィーチャーし
2ボタンのみ使用するモード等が追加された
音ゲー初心者向けの作品と紹介されたソフトで
確かに譜面難易度は全体的にポータブル2に比べて低く
システムも初心者向けなオプションが多いです。
ですので初心者にとてもお勧めです。
ちなみにCLAZZIQUAIの曲はそんなに多くはないです。



ポータブル2からの主な変更点

・映像が従来の「複数枚の絵を組み合わせて動いているように見せる形式」から
 ムービー再生形式へ変わったので、実写等が使えるようになった。
 これにより映像のクオリティが格段に上がってます。

・ハイスコアをプレイ中に出した時、そのプレイ中右上にスコアが表示されるようになった

・画面4:3モード削除orz

・フリープレイできる曲はリンクディスクモードで旧作を読ませることで解禁出来る曲と
 クラブツアーモード(いわゆるチュートリアル&ミッションモード)で解禁。
 一部の曲は解禁不可
 ※これはオンライン対戦モードか、この後発売されるBSのリンクディスクモードで
  全てフリープレイ可能

・8ボタンモード削除(6ボタン&LRを使うモード)
 変わりに4ボタンFXモード追加(4ボタン&LRを使うモード)

・アナログノート(中央の光るノートでアナログスティックを回す)に
 従来のロングノート以外に通常ノート追加(一瞬だけスティックを倒す
 複数きたときはぐるぐる回すだけでOK)
 ロングノートは回さずにスティック倒しっぱなしでもOKになった。

・OSTモードと映像を鑑賞するM/Vエディションモードが一緒になって
 アルバムモードに名前変更。
 (曲に合わせて決定を押したら曲鑑賞、ムービーを鑑賞したいなら□ボタンを押して
  モード切り替える事で鑑賞できます)

・OST曲はプレイ回数で解禁に。(つまりムービーもプレイ回数解禁)

・メディアインストール機能追加(メモリスティックにロードに必要なデータを作成し
 ロードはメモリスティックから読み込むことでロードが格段に速くなる。)
 必要領域:330MB程度

・キャラクターによるオプション効果はなしに、オプション効果はキャラとは別でセットできるよう
 になった。
 

・エフェクトに
 フィーバーモードのON/OFF
 初心者向けのオートフィーバー
 (ゲージ溜まったら自動でフィーバー発動。ただしゲージの溜まりがめちゃくちゃ遅くなる)
 ロングノート補助機能
 (ロングノートの終わりまでボタン押しっぱなしでいても自動でロングノートの終わりピッタリで
  離した判定にしてくれる、ただし複数のノートと同時にくると誤認することが
  多々なのでお勧めできません。)
 等追加

・曲にBASS効果等を付けてプレイや鑑賞できるようになった

・フィーバー*5になっても汎用ムービーにならなくなった


等です。
ただし、一部の機能はクラブツアーモード等で解禁になります。


それではプレイ動画です。
長くなったので画質落ちていますが
実際はかなり映像が綺麗です。
今回はこんな曲がありますよ~って感じで長めにしました。


編集→エンコードの際
中盤あたりの曲で
「I want You」が一瞬音飛び
「Fate」がほぼ全部音部分が壊れました。orz
さすがに作り直す気力がないので、そのまま聞き流して下さい。
申し訳ないです。orz


スポンサーサイト
DJMAX | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。